個人情報

HOME > 個人情報

当社は、福祉事業者としての社会的責任および個人情報の重要性に鑑み、厚生労働省「医療・介護関連事業における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)に基づき、個人情報の取扱いに関する基本的な指針を定めます。

1.個人情報保護方針
(1)社会福祉事業の社会的責任を考慮し、守秘義務を遵守するとともに、適切な個人情報の収集、利用および提供を定めた社内規則を整備し、これを遵守します。
(2)個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいなどに関して、予防措置を講ずるとともに、万一の発生時には速やかな是正対策を実施します。
(3)個人情報に関する法令、ガイドライン、その他の規範を遵守します。
(4)個人情報管理の仕組みを継続的に改善します。

2.個人情報の利用目的
当社は、取得したお客様及びご家族の個人情報を、業務の遂行に必要な範囲内において、予めご本人の同意を得た上で、以下の利用目的のために利用します。
①介護保険制度による各種サービスの提供
②自立支援制度による各種サービスの提供
③任意による各種サービスの提供
④お客様及びご家族へのアンケートの依頼
⑤サービス担当者会議による情報共有及び事例検討

3.サービス提供責任者会議における個人情報利用について
  当社は、お客様を担当するケアマネジャーが介護保険制度に基づき開催するサービス担当者会議において、お客様へのサービスの充実を図るため、サービス利用状況等当社が保有するお客様及びご家族の個人情報を利用し、または照会に応じます。この場合、当社は当該会議以外、秘密を保持します。
4.個人情報の安全管理措置
当社は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理のため、安全管理に関する取扱い規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

5.個人情報の第三者への提供
当社は、以下の場合を除き、個人データをご本人の同意なく第三者に提供しません。
①本人の同意を得ている場合
②介護保険法に基づく不正受給者の市町村への通知
③刑事訴訟法、税法等に基づく捜査または取り調べに対する回答
④地方公共団体による当社への指導監査、報告命令、情報提供依頼に対する回答
⑤人の生命、身体及び財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難なとき
⑥公衆衛生の向上のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
⑦介護サービスの安全性向上のため、サービス提供中に発生した事故等に関する地方公共団体への報告および情報提供